Logo DELFINGEN

当社の成長と国際的な発展は、人々への深い敬意に基づいています。グローバル企業デルフィンゲンは、具体的な方法で包括的な国際化を進めるように尽力しています。また、製造業に携わる企業であるデルフィンゲンは、環境保全に努めています。

当社の労働憲章

人権を尊重し、企業の倫理観にもとづいて、デルフィンゲンは全社員が業務面でも個人面でも伸び伸びと働けるような労働環境を提示しています。これにより、従業員の強い個性と才能をフルに発揮できるのです。

 

デルフィンゲン基金

基金の使命は、医療、教育、適正な住居を入手しやすくし、障がいを補うように貢献するすることによって、個人の自律性を高めることです。

基金により、企業・従業員・地域を結ぶ、本当の意味での絆が築かれます。

デルフィンゲン基金についての詳細情報

 

環境保全

環境に与える影響を抑えることなしに、当社の事業を持続していくことはできません。プラスチック加工業に携わる当社では、製品が環境に与える影響を設計段階から、製造、製品寿命の終了時に至るまで検討しています。

このような意思を汲み取るため、日常的な業務のインパクトについての全従業員の環境意識を高める運動を展開しています。企業の社会的な責任は、集団での努力となるのです。

男女平等

デルフィンゲンは国際的なグループとして、多様な文化、信条、言語に溢れています。 デルフィンゲンの強みは、日常的にこれらの違いを考慮し、尊重することにあります。

これにより、2007年に労働憲章が制定され、すべての工場で従業員に同等の労働条件が保証されました。

安全、環境、ハードワーク、ハラスメント、または障害の側面を超えて、デルフィンゲンは男性と女性の平等を促進します。

2019会計年度のインデックス(フランス令2019-15に基づく)は83/100です。

この記述は、グループの工場で日々情熱を持って仕事をしている男性と女性に焦点を当てたデルフィンゲンの継続的な投資を強調しています。

グループでの体験を、従業員の証言インタビューでご覧ください!

0%

当社の倫理的な取り組み