Logo DELFINGEN

ストレット家の強い希望と、デルフィンゲンの進出国に貢献したいという思いから、2007年に財団が設立されました。

財団の設立は、健康と教育、住みやすく快適な住居の供給、そして2017年からは障がいにも対応するという4つの柱に基づいています。 これら4つの柱はデルフィンゲンの従業員とその家族を対象としており、個々が尊厳を持った人生を送るための自己の確立、そして未来を自ら切り開く力を発揮するための一助になることを目的としています。

世界における財団の活動:

医療面:

  • – メキシコ、ルーマニア、フィリピン、インドを中心に、学童のための視力検査と眼鏡の提供をしています。
  • 予防接種が行われていない国において、広域感染症を防ぐための接種を実施しており、毎年200人から300人の子供たちが医療規則とWHO(世界保健機構)に従って予防接種を受けています。

教育:

  • 800人以上の子供たちのための学用品及び書籍の購入、収集、配布を行います。
  • 成績に基づいて給付される奨学金制度があります(アメリカ・フィリピン・ルーマニア)。

住みやすく快適な住居の供給:

  • 快適な住居の建築及び改築をします。
  • 火災が起きた場合の住宅再建を支援します。
  • 自然災害(台風・地震等)後の再建プログラムがあります。

障がい者へのケア:

  • 障がい者(従業員、その配偶者または子)の日常生活と自主性をより良く保つために必要な施設及び必要な資金を提供しています。

財政支援:

  • マイクロクレジット(無担保の小口融資)制度によって経済活動のスタートに対応しています。
  • 健康上の緊急事態に対応しています。

 

デルフィンゲン財団への寄付の方法?

財団への寄付をご希望の場合は、以下の表をご覧ください。

 

デルフィンゲン財団(フランス) デルフィンゲン財団(アメリカ) デルフィンゲン財団 – フィリピン デルフィンゲン財団 –
インド
ユーロ建ての小切手による寄付なら、
デルフィンゲン基金へ

フローラ・キャビュレ (Flora Caburet)
+33 3 81 90 73 00
fcaburet@delfingen.com

– USドル建ての小切手による寄付なら、デルフィンゲン財団へ

ケリー・サーモ (Kelly Sermo)
+1 248 230 3484
klsermo@delfingen.com

銀行振込のみ

フィリップ・トレス (Philip Torres)
+63 32 341 1211
ptorres@delfingen.com

銀行振込、インドルピー(INR)のみの取り扱い

ディーパック・マノチャ(Deepak Manocha)
+91 99716 01130
dmanocha@delfingen.com

 

*注記:デルフィンゲン財団(フランス)への寄付について フランスの法律に基づき、社外の方々からの寄付を可能にするためにデルフィンゲン基金を設立致しました。従業員の配偶者やパートナー、また顧客の方々等が当社の活動にご賛同いただける場合は、ぜひデルフィンゲン基金に寄付をお寄せください。